手話のこと。

【手話関係】第23回聴覚障害者への理解を深める集い-市民手話まつり(東久留米市)-行ってきました

投稿日:

こんにちは(^^)/手話勉強中のロザフィ作家えまりです。

手話のイベント何かないかなぁ~と検索したところ、第23回聴覚障害者への理解を深める集い-市民手話まつりがヒット!

いつものごとく娘っ子2人とともに遊びに行ってみました(^^)v

第23回聴覚障害者への理解を深める集い-市民手話まつり詳細
日程:2019年10月20日(日)10:00-16:00
場所:市民プラザ(市役所1階)及び広場(東久留米市本町3-3-1)
内容:講演、和太鼓演奏、子どもスタンプラリー、バザー、模擬店など(入場無料)
共催:東久留米市ろうあ協会・市障害福祉課
協賛:東久留米市手話サークル「フレンズ」

広場には出店、バザー!

広場にはバザーやおにぎり、パンなどの出店が!スタッフさんが着ているおそろいの黄色いシャツには手話サークル「フレンズ」と記されていました(^^)/
子どもが大好き、バルーンアートもありました!娘っ子はお花をつくってもらったのだけど早速割ってしまいました…( ;  ; )

充実のプログラム

和太鼓見たかったなぁ~。

子ども手話スタンプラリーやってみた!

娘っ子は1つずつ体験(^^)/
↑ごりんまとあて(五輪的あて)。
そーれーでー!忘れちゃいけない、これは手話まつりなんです。
このスタンプラリー、クリアしていくごとに、手話を教えてくださるのです!!!!
ちなみに、こちらの「ごりんまとあて」では、2回投げて当たった色の手話を教えてもらいました(^^)/

娘っ子の手話力アップ!

全てクリアし、お菓子を頂きました♡ありがとうございます(^^)

私が手話を学び始め「手話」「ありがとう」「こんにちは」「美味しい」などの単語を覚えていた娘っ子(3歳)ですが、今回のイベントで「赤」「泳ぐ」「自転車」「日本」を習得!何より少しでも娘っ子が手話に興味を持ってくれることが嬉しいなぁ~♡

聴覚障害者のコミュニケーションに役立つ機器の展示

会話を拾って文字にしてくれたり、電話から聞こえる声を文字にする機器を実際に体験させて頂きました。ゆくゆくは電話で聴覚障害者の方が自分の言いたいことを伝えられるように、文字を音声に変換できるようになるらしい…。

しかし恥ずかしながら、私は最近知った、手話を日常的に使用されている方が、必ずしも日本語が堪能なわけではないという事実。

特に生まれつき耳が聞こえない方で、日本語の教育を受ける機会が得られなかったりすると「日本語が苦手」という方もいらっしゃるのです。聴覚障害者とのコミュニケーションとして手話ができなければ字幕や筆談で100%解決!というわけではないんですね。

初めて聞いた時は驚きましたが、そりゃそうだ。私は日本語を使って生活しているけど、英語のリスニングはできないけど文章だったら理解できるとかないもんね!

でも、コミュニケーションってそれだけでなくて、肝心なのは伝えたい気持ち!って本当にそう思う!だから「伝わらんやん、なんで~」と臆するのではなく、そういうこともあるってことを知っておけば心の準備になるというか…うまく言えないけど、そんな感じ!

こういう聴覚障害者の歴史や背景をふまえて、機器は開発改良されているんだろうなぁ~。

災害の時にも安心できるまちを目指して

サブテーマである災害時の対策。市民プラザ(市役所ロビー)に説明パネルが展示されていました。

とても気になったのが、この災害バンダナ

看護学校入校時、災害時に活動できるナースになりたい!と思ったこともあったり(なかったり)ゼミでは災害看護を選択していたり、何かと災害派遣という言葉が耳慣れた環境におりましたが、実際には行くことはありませんでした。

手話ができるナースがいれば、災害時に少しでも安心してもらえるかな?

そんな混乱時でも、このバンダナのように「サポートができます!」と言えるくらいになったら、購入したいなぁ。

災害時に役立つ冊子の配布

災害時に聴覚障害者の方と出会ったとき、どう接したらいいか?どういうところに気をつけたらいいか?その際、使える手話単語が書かれた小さな冊子も頂きました。

確かに耳が聞こえないのに「危ないよ!」って防災無線サイレンならされてもわからないよな…。考えたら当たり前なんだけど…目からウロコ。

聴覚障害や手話についての普及イベント

手話サークルの方々が、運営スタッフとしていらっしゃいました。こういう活動ってサークル会員として、とっても励みになりますよね!目に見えて、娘っ子のように手話を覚えてくれたり、興味を持ってくれたりするのはとても嬉しいことだと思います。

手話が使える人や聴覚障害について理解がある人が街中に増えて、嬉しくないという聴覚障害者の方や手話を使って生活している方はいないはず。(←こういうまわりくどい表現は手話の文法にはきっとないけどね)

我が本拠地東京都中野区や地元福岡県飯塚市でも手話言語条例が制定されたら、手話の普及のイベントとか開催されるのかなぁ~わくわく!

(でも東久留米市も手話言語条例制定されてないんじゃ???てか福岡県は飯塚市のお隣、田川市も直方市も制定されてる!)

地域の活動を知ることも、とても勉強になる!家族で学び、楽しんだ1日でした(^^)/

By 手話勉強中(3年目突入)えまり

下にシェアボタンもあるよ(^^)/



スポンサーリンク

-手話のこと。
-

執筆者:

関連記事

【手話関係】中野区障害者福祉会館/丸山塚公園【会館まつり】に行ってきました♡

こんにちは!手話勉強中のえまりです* 先日、中野区障害者福祉会館/丸山塚公園で開催された「会館まつり」へ行って参りました。 会館まつり詳細 2019年10月19日(土)10:00-14:30 場所:中 …

【手話関係】「(仮称)中野区手話言語条例」及び「(仮称)中野区障害者の多様な意思疎通の促進に関する条例」の考え方についての意見交換会

こんにちは*ここ最近手話漬け、手話勉強中のロザフィ作家えまりです(^^)/ 先日「(仮称)中野区手話言語条例」及び「(仮称)中野区障害者の多様な意思疎通の促進に関する条例」の考え方についての意見交換会 …

【愛と平和の音楽祭(日比谷公園)】手話通訳のいる音楽イベント!

こんにちは*最近また手話に奮起しているえまりです(^^)/ 手話のイベント何かないかなぁ~と探していたら、発見したのが【愛と平和の音楽祭】。娘っ子2号と行ってきました♪ 愛と平和の音楽祭(日比谷野外大 …

書いている人。

【主な筆者のわたし】
‎・植木屋‬&音楽業のショム二
‎・ロザフィ作家「えまり工房」
 ロザフィ東京中野校としてレッスン
‎・ママまんほーらー(mama manholer)
・手話‬⁩勉強中.⚑"
・7&i系列saitaPULS Editor
・ナースは休業中

【サブ筆者の主人】
・「T.Y.Guitars」
 ギターレッスン、音楽業
 「Herbe」
 エフェクター制作中!
・「矢島造園」
 東京中野の植木職人

3歳1歳の可愛い可愛い娘っ子とわいわい楽しく4人暮らし。
【もっと詳しく見る→】