nonowa国立スターバックスのサイニングストアと謎解きドラマ「Lの招待状」

こんにちは*植木屋のショムニ&ロザフィ作家のえまりです(^^)

先日高尾方面に向かう中央線に乗車する機会があったので(しかも1人で!)、ずっと気になっていたスターバックス日本初のサイニングストアに行ってきました♪

スターバックスコーヒーnonowa国立店

〇店舗情報
住所:〒186-0001 東京都国立市北1-14-1 nonowa国立
営業時間:7:00-22:00
定休日:不定休
席数:83席

駅直結の施設、nonowa国立。JR中央改札から出て左手、nonowa国立EASTにあります。(私はnonowa口改札と間違えた涙。)
ちなみに国立駅の南口にもスタバがあるので、サイニングストア行きたい方はご注意を!

注文してみた!

早速オーダー口へ。メニュー関係が全て書かれているメニューシートがあるので、指差しにてやりとりして難なく注文できました。安定のダークモカチップフラペチーノ♡タブレットに話しかけて文字に変換する音声入力システム筆談ツールもあるみたい!

写真撮影許可を頂き、ぱしゃり。笑顔を返してもらえて癒された。自分の行動&表情の省エネ生活を自戒…。

ドリンクを待っている時間に、パートナーさん(従業員)からレシートの番号を確認されたのですが、そこにあった「7」という数字の表し方が、手話のそれとは違ったのです。手話が共通言語!という頭でいた私にはあれ?という違和感。パートナーさんは片手をパーと広げ、もう片手の2の指先をパーの手のひらにあてるよく見慣れた表現で、私に確認しました。

7の手話表現

そこで気づいたのは、ここは「手話を使うスタバ」みたいな、手話を学べるとか珍しさ重視のスポットなんじゃないってこと。聞こえる人と聞こえない人、お互いが歩み寄る場所。音声言語を使わずとも1つのカフェとして円滑に運営できるように、それなしで意思を伝えあう方法や心があらかじめ準備されているというのが1番の印象でした。

謎解きドラマ「Lの招待状」

2020年12月14日(月)、15日(火)20時からNHKのEテレで放送された、「Lの招待状」という謎解きドラマ。世界的アーティストの「L」の財産を手に入れるため、聞こえる人と聞こえない人が、協力して謎解きに挑むという内容。

姉ちゃんの恋人でファンになった奈緒ちゃん(福岡出身らしい!)が出演していて、やっほいとなったのは置いといて。娘っ子も楽しく観れました!

ここでは聞こえない人と聞こえる人が意思疎通できないことによるモヤモヤ。聞こえない人の得意分野のシーンでは、聞こえる人が疎外感を感じる感覚も、とてもわかりやすく描かれています。どちらかが、ではなく【お互い】が、伝えたいという気持ち、伝えようと努めること。その重要さを学べた気がします。双方が寄り添うというのが、共生の根本だと思うのです。

「謎解きドラマ Lの招待状」情報

〇NHKEテレ ハートネットTV「謎解きドラマ Lの招待状」
前編2020年12月14日(月)、後編12月15日(火)20時~
再放送12月21日(月)、22日(火)13時05分~


〇NHK総合 特集「謎解きドラマ Lの招待状」前後編一本化
2020年12月27日(日)9時~9時59分

〇ろうを生きる 難聴を生きる▽謎解きドラマ“Lの招待状”の舞台裏
2020年12月19日(土)20時45分〜21時00分
再放送12月25日(金)12時45分〜13時00分

聞こえない人とのコミュニケーション

最近nonowa国立店限定のジャーナルブック(2000円税別)と、内側の黄色が可愛いマグカップ(355ml/1800円税別)が発売されたらしい!!どちらも手話のデザインがおしゃれで、さすがスタバ!欲しい( ;∀;)

もし、聞こえない人とのコミュニケーションって難しいんじゃないかと思う方がいたら、Lの招待状を観て、nonowa国立スターバックスのサイニングストアで体感してほしいな。そんなの関係ねーっおっぱっぴー(はい、ぱくり)ってなります!感染対策をして、ぜひに!

By えまり(IG:@8emari8)

Sponsored Links